スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

韓国滞在記 3日目

朝10時起床、研究室の留学生の発表を聞き、昼食。
西洋風でがっかり。
1時半集合と聞き、集合してみる

いない…

なんと、遠い韓国の地で置いてけぼり

悲しみより先に殺意が芽生えた自分に驚きました。
「計画よろしくね」とか言ったのだれだ??
ぜってーゆるさねぇあのピーッ(検閲)

仕方ないので、一人で周ることに。
近くの滝まで歩いていき、30秒眺めて、戻りました。

つまらん


そこでふと、他の研究室の先輩方が民俗村に行ってることを思い出し、追いかけることに。
タクシーに乗り、てきとーな韓国語で行き先を伝え、出発!

直後、停止車に接触事故…

ついてねぇぇぇ。追手内洋一くん並についてねぇぇぇ

気を取り直して、接触で曲がった再度ミラーも直して、出発。
タクシーのうんちゃんが日本語の教則テープを流し始めました。

「これは、テーブルですか?」

「いえ、それはタンスです☆」

どんな日本語だよ…


約40分かけ、目的地到着。
自分も、これ=イゴッ と言うことを覚えました。
なんか、現地で使うと楽しいですね。

民俗村に着いて、日本人はいなかったかどうかを聞きました。
すんげー愛想が悪い奴で、無視されました。あぁ、殺意復活

ひとまず中へ入り、かけあしで周りました。
日本人が一人もいません。約20分かけて周り、外に出て、ふと気がつきました。

ここ、タクシー来ない

ホテルから45kmも離れたこの地点から、何で帰れと?
いやぁ、人間って、本当に呆然とすると、30分くらい立ち尽くすことができるんですね。思考が停止するんですね。

教授に裏切られ、タクシーは事故り、現在は陸の孤島で一人。
何も考えられませんでした。

そこに、一台のジープ登場→隣の研究室ご一行様!

ホント、手を振りながらダッシュで駆け寄りました。
半泣きでしたw
行き当たりばったりはダメですね

一人他の研究室に混ざり、同行することに。
なんでも、ご飯まで連れてってくれるそうです。
あぁ、こっちの研究室に移ろうかな(とは少しも思ってない)

韓国の伝統的な集落を見学し、次はその研究室の卒業生のお姉さんが経営しているお店で夕飯です。
食べたのは、キジ鍋(多分)です。
最初にやわらかい部分の肉をしゃぶしゃぶし、
その後、残りの部分を蒸して、食べました。
かなり見た目はグロテスクでしたが、サイコーに美味かったです!

唐辛子を無理やり食わされましたが。。

ホテルに帰り、今日お世話になった研究室の教授と、他の先輩方とビール片手に二次会。
自分の邪魔っぷりが申し訳なかったですが、楽しかったです。




…うちの教授は熟睡してオラレました

スポンサーサイト

2005.09.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 韓国滞在記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

スコッティ2号

  • Author:スコッティ2号
  • metal_inside

    breathe deeply
    今後とも,よろしくです.
    部活の下のほうの人も,ぜひぜひ書き込んでください.泣いて喜びます

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。